テレ東の「家、ついて行ってイイですか?」で佐川急便の営業課長を辞めて秋葉原のプロデュースをしている人、いいね。

テレビ東京の番組って、好きなんですよね。
お金をかけずにアイディア勝負している感じの番組が好きです。
モーニング娘。出身の紺野が躍るやつとか、Youは何しに日本へとか、博多華丸のもらい酒とか・・・。
そして、「家、ついて行ってイイですか?」は、とても好きです。

前回放送の、「家、ついて行ってイイですか?」では、佐川急便の社員を脱サラした人が登場していました。
一時は1000万円程度の年収が5年くらい続いた時期もあったようですが、今は退職して秋葉原でアイドルプロデュースをしている40歳。
結婚をしている方のようで、3880万円の家を買ったみたいですけど、とてもいきいきしていました。
佐川急便時代の同僚は32歳で脳梗塞で半身不随になったんだとか。

でも、「自分にしかできないことをやってみたい」なんて、こどもみたいなことを言っているおじさん、素敵でした。
確かに、1000万円の年収を捨てることは勇気がいることかもしれません。
でも、いい生き方をしていると思いました。ちょっとだけ、感動しましたね。

そして、「そんなにお金、いらないじゃないですか」って言っていました。
お子さんはいない夫婦のようでした。たしかに、生活できるお金があれば、それ以上はいらないのかもしれません。
とても、いい話だと思いました。

まぁ、楽しくやっている人って、いいな。。。って思いました。
ガツガツと何かにしがみつくようにサラリーマンを続けていて、毎日苦しい思いをしている人は、本当にかわいそうです。
苦労することを楽しんでいるサラリーマンは、素敵ですけどね。
人生は、一回だけだからね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

<

人気記事