壊れた液晶テレビを処分!ハードオフで100円で買い取って貰えた!リサイクル料を払わずに済んだ。

10年くらい前に106000円で購入した液晶テレビのブラビア(ソニー)。
32型でハイビジョンではないけど、当時の感動は今でも覚えています。
ブラウン管のテレビから、32型のテレビになると、凄いんですよね。
当時、10万円ものお金を使うのは、39万円の中古車、13万円のノートパソコンに次ぐ、大きな買い物だった。
新婚旅行のツアーも10万円だったのでね。

そんなブラビアが、ついに壊れた。
チューナーはちょっと前に壊れていて、モニターとして使っていたんだけど、ついに電源が入らなくなって、ソニータイマー始動。
謎の赤ランプ4回点滅で寿命を知ったのでした。
治すよりも、新しいフルハイビジョンのテレビ(40型のアクオス)を購入したので、ソニーのテレビは売却いや処分しようとしていたのですよね。

横浜市の場合は、リサイクル業者に持ち込まなくてはいけないみたいで、なかなか面倒。
郵便局でリサイクル料金の2700円だかを支払って、都筑区の方まで持っていかなければいけないみたいですけど、廃品回収業者に持って行ってもらえばいいのかな?なんて思っていました。
廃品回収とか粗大ごみのキーワードで調べると、いろいろな業者が出てきました。
でも、怪しい感じは否めないんですよね。
無料で持っていく代わりに出張料とか取るんですよねぇ。
以前、軽トラで洗濯機を回収していった業者がいましたけど、そこそこにお金がかかったような気がします。
それでも、横浜市のホームページに書いてあったような手続きをするよりはお金もかからずに、楽だったような気がしました。
今回も、そのパターンかと思ったけど、横浜市のホームページに「怪しい業者に気を付けろ!」的な記述もあったんですよね。
インチキ業者はちゃんとリサイクルしているのかどうかわからないしね。

で、今回は、郵便局で2700円を払う気でいたんですけど、ふとハードオフに持ち込んだらどうなるんだろ?と思ってしまったんですね。
壊れたテレビでも買い取ってくれるのか心配したけど、電話で聞いたら「大丈夫だけど、値はつかないよ」って感じでした。
2700円を払うよりは、ただで持って行ってくれればいいかと思ったので、持ち込んだら・・・。

100円になりました~

これで良かったのか?
誰か、壊れた32型のブラビアを買って、直して使うのか?
修理代だの基盤代とか、そこそこにかかりそうですけどね。
それよりも、ハードオフはビジネスが成り立つんだろうかと心配になりました。

でも、節約できた気分になったから、まぁいいか。
帰りにその100円で野菜を買おうとしましたが、キャベツは199円でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

<

人気記事